FC2ブログ
プロフィール

ガオ

Author:ガオ
地域:東京
年齢:31歳
身長:176cm
体重:6?g(←多分前半だと思う)
ちん長:14.5cm15cm
     → 15.3cm(MAX時)
女性経験:0人(童貞)

ガオに御用のある方はコメントしていただくかサイト下部のメールフォームよりお願いします。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- ↑Top Page.

AV撮影を目撃?

2006年04月18日[21:25:50]
今日はAVの撮影現場。 と似たお話です。

いえ、あんまり似てません。

まぁ、アダルトビデオに関するお話です。

前回は

アダルトビデオにガオの住む街が映ってた。

ってお話でしたが

今回は

アダルトビデオの撮影を目撃した。

ってお話です。

そうです。
ガオはアダルトビデオの撮影を目撃したことがあります。

ガオは大学在学中に週1で専門学校にも通っていました。

っで
専門学校へ行く途中の出来事です。
専門学校の最寄り駅は代々木駅だったのですが
ガオは良く渋谷駅までは電車で行って
渋谷駅から歩いて学校まで通っていたんです。

まぁ、明治通り沿いを渋谷→原宿→代々木
って感じで歩いていったわけです。

その途中、っていうか
渋谷駅を出て明治通りを原宿方面に向かってすぐの所にある
公園の近くまできたときのことです。

えっと、時間は午前中です。
午前10時頃だったと思います。
晴れていてとても天気の良い日でした。

っで
この公園は明治通りよりも高いところにあるため
歩道橋の階段を上ったところから
公園内に入れるようになっているのですが
その歩道橋に

女子高生がいました。

女子高生が歩道橋の階段を上っていました。

その女子高生はかなりのミニスカートでした。

ガオはその歩道橋に向かって歩いていましたが
まだ少し距離があったので
少し早足になって歩道橋に接近しました。

『女子高生のパンチラが見れるかも知れない♪』

って希望を抱いて早足で歩道橋に近づいていきます。

歩道橋の下には30代ぐらいの男性が1人いました。
この男性は歩道橋の下から上を見上げていて
明らかに女子高生のスカートの中を覗き込んでいます。

かなり堂々と覗いています。
羨ましいです。

っていうか
この男性、右手にビデオカメラらしきモノを持っています。

『盗撮?』
『いやいや、それはやり過ぎでしょ』
『っていうか、なんで都合良くビデオカメラ持ってるんだ?』


なんて思いながらも
ガオは女子高生のスカートの中を覗きたい一心で
歩道橋に近づいていきます。

っが
その女子高生はガオが歩道橋につく前に
歩道橋の階段を上りきってしまいました。

『あぁ、残念』

ガオは歩くペースを元に戻し
ゆっくりと歩道橋に近づいていきます。

すると
さっきまで女子高生のスカートの中を盗撮していたあの男性が
歩道橋を駆け上って歩道橋上にいるさっきの女子高生に

話しかけたのです。

ガオは

『盗撮の次はナンパか?』
『カラオケとかラブホテルとかに誘っちゃうのかな?』


なんて思ってその様子を見ていました。

なんとなく

『断られろ、逃げられろ』

なんて思いながらその様子を見ていました。

すると女子高生は
とっても楽しそうにその男性と話し始めたのです。

『チッ、ナンパ成功か
 ・・・なんかむかつく』


ガオがそんなことを思っていると
その場にもう一組の男女が現れました。

30代くらいの男性と女子高生です。

っで4人で会話をしているみたいです。

この光景を見たガオは

きっと男性2人が友人で
それぞれが女子高生をナンパしてきて
4人でどこかに遊びに行こう
とか計画しているのではないか


っと考えました。
多分そう言う状況なんだろうって思ったんです。

っが
最初に歩道橋の階段を上っていた女子高生と
この女子高生のスカートの中を盗撮していた男性が

2人だけで歩道橋の階段を下りてきました。

『あれ?どうしたんだ?』

って思ったところで
ガオはようやく歩道橋の階段の下に到着です。

っで
階段を下りてきた2人はガオの前で向きを変えて
再び階段を上り始めました。

2人の様子が気になってしかたがないガオは
ゆっくりゆっくり階段を上り始めます。

女子高生はゆっくり階段を上っています。
男性は女子高生の後に付いていくように階段を上っていきます。

そして男性は下を向いて何かを覗き込むような感じです。
女子高生を見ているのではなく
男性が左手に持つ何かを覗き込んでいます。

っで
男性の右手は何か管のようなモノが握られていました。

男性が左手に持つ何かと
右手に持つ管のようなモノはつながっているみたいです。

そして男性は右手に持つ何かを
女子高生のスカートの中につっこんでいます。

しかもその男性は

「いいよ、いいよ、良い感じで撮れてる」

って女子高生に話しかけているのです。

『えっ』

って感じです。
ちょっとビックリしてしまいました。

どうやら女子高生は盗撮されているのではなく
盗撮させてあげてるみたいなのです。

男性が手に持っているモノは
盗撮の用のカメラみたいです。

クネクネと自在に曲げられる棒状のカメラのようです。

男性が女子高生にピッタリとくっついているため
ガオからは女子高生のスカートの中が覗けないのですが
凄い光景を目撃してしまい
ガオはある意味満足です。

っで
この女子高生がどんな女子高生なのか気になったガオは
マジマジと女子高生の後ろ姿を見つめました。

すると

何かおかしいです。
何か変なのです。


制服を着ているので離れたところから見れば
どう見ても女子高生って感じなのですが
近くで見ると

普通の女子高生と雰囲気が違います。

なんだか歳を誤魔化しているニオイがプンプンとしてきます。

しかも
さらによく見ると

制服も嘘くさいです。

っていうか
制服がキレイすぎるのです。

今日初めて袖を通しました。

ってぐらいキレイなのです。

この女子高生がこの制服を着たのは今日が初めて

っとしか思えないのです。

っで
ガオのほうが階段を上る速度が速かったため
階段の途中で2人を追い抜いたのですが
ガオは女子高生を追い抜くときに
女子高生の顔をチラッと見てみたのです。

女子高生の顔は

バッチリメイクがされていました。

渋谷などに行けば
今時メイクをしている女子高生なんて珍しくもないのですが

この女子高生はバッチリメイクがバッチリしすぎます。

この女子高生は
どう見ても水商売風のメイクで違和感ありありです。

『この女性、女子高生じゃない』

ガオはそう確信しました。
もう『女の子』って感じすらないのです。
どうみても『女性』って感じです。大人です。

っで
ガオは歩道橋の上に到着です。
歩道橋の上には
歩道橋の階段で撮影していた2人の仲間と思われる
さっきの2人組がまだいます。

ここにいる女子高生も
階段にいる女子高生同様やっぱり偽物みたいです。

着ている制服はシワ1つ無くキレイすぎるし
水商売風のバッチリメイクです。
見た目年齢もとても女子高生には見えません。


っでこの女子高生(?)と一緒にいる男性も
ビデオカメラを持っています。

ガオが見ていた限りでは
ビデオカメラを手に持っているだけで撮影はしていませんでしたが
きっとあの男性も
一緒にいる女子高生(?)の盗撮映像などの撮影をしているところなのでしょう。

っで
ガオは思ったわけです。

『きっとあの4人は
 女子高生の盗撮モノのAVを撮影中だったに違いない』


って思ったわけです。
まぁ、ただ単に

ああいうことをするのが趣味だっただけかも知れませんが・・・。

ってことでAV撮影(?)の目撃談のお話を終えることにしたガオでした。

ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
[PR]

童貞 アダルトビデオのお話 コメント:2 トラックバック:0 ↑Top Page.

AVの撮影現場。

2006年04月16日[21:30:37]
今日は特に気になる記事が見つからなかったガオです。

えっと、今日はAV(アダルトビデオ)についてお話したいと思います。

数年前にガオが見たAVについてのお話です。

AVと言ってもインターネットを通して入手したアダルト動画です。
そのAVは

逆ナンパ

っというジャンルのAVで

3人のAV嬢が街で素人の男性を逆ナンパして
車の中に連れ込みエッチなことをして素人男性を楽しませる


って感じのモノでした。

逆ナンパされた男性は3人の女性から至れり尽くせり
って感じでエッチなご奉仕を受けています。

このAVを見てガオは思いました。

『ガオも逆ナンパされたい』
『このAVの撮影中に逆ナンパされて
 エッチなご奉仕を受けたい』


って。
このAVは素人男性の顔にはちゃんとモザイクがかけられていて
出演したって知り合いにバレることはまずなさそうなのです。

顔出しでAV出演なんて
恥ずかしすぎるのでご免被りたいのですが
顔をさらすことなく
3人の女性にエッチなご奉仕をされちゃうわけですから
こっちから頭を下げてお願いしたいくらいです。

っが
このジャンルのAVを見ていると
AV嬢に声をかけられた素人男性は
結構逃げちゃう人がいるみたいです。

そう言うシーンを見ていると

『あ~あ、馬鹿だなぁ。
 タダでエッチできるチャンスを逃しちゃって』


とか思っちゃうんです。

っが
実際にガオが声をかけられたらどんな反応をするだろう?
って考えると

ガオも逃げちゃいそうです。

ガオは駅前でティッシュやパンフレットを配っている人からも
良く逃げてしまいます。
別に恐いわけではないのですが
反射的に逃げてしまいます。

そんなガオが
街中で3人の女性に逆ナンパされたら

100%逃げてしまいそうです。

さらに

『高価なモノを買わされるんじゃないか』
『恐いお兄さんが出てきて
 お金を脅し取られるんじゃないか』


って疑ってしまいそうです。

『あぁ、これはもしかして
 あの逆ナンパAVの撮影なのかも知れない』


って期待を抱くことが出来たとしても
尻込みしてしまって逃げてしまいそうです。

っが
やっぱり逆ナンパされてみたいです。
逆ナンパされたら逃げてしまうとは思いますが

断り切れずに車に連れ込まれおいしい思いが出来る

って事になるかも知れません。

そんなことを考えていたときのことです。

ガオが新しく仕入れた逆ナンパAVを見ていると
どこか見慣れた光景が写っていたのです。

『あれ?どっかで見たことあるなぁ』

基本的にAV嬢がアップで映っているため
後ろに映る街並みはあまりよく見えないのですが
何となく見覚えがあるのです。

っで
よ~く観察してみると
なんとそこは

ガオの住んでいる街でした。

しかもガオが駅に向かう途中で通る道です。
ガオが住むアパートからは5分とかからない場所で
AVの撮影をしているのです。

ビックリです。ガオはビックリしてしまいました。

AVに自分の住む街が映されるなんてビックリです。

すでにつぶれてしまっているお店とかも映っていたので
だいぶ前に撮影されたビデオみたいなのですが
自分の住む街でAVのロケが行われていたなんて
ホントにビックリです。

っが

『どうしてガオはこのAV撮影中に
 この道を通りかからなかったのだろう』


ってとても悔しくなってきました。
悔しい気持ちでいっぱいです。

このAVの中では数人の素人男性が次々に逆ナンパされては
おいしい思いをしているのですが
さらにその何人かは

AV嬢とセックスしているんです。

もしガオがこのAVの撮影中にこの道に通りかかって
逆ナンパされていたとしたら

セックスができちゃっていたかも知れません。

このAVの撮影時期は
ガオが20代前半の時と思われるので
その時に童貞卒業できていたのかも知れません。

そう思うと
めちゃくちゃ悔しいです。

20代前半で童貞卒業のチャンスがあったかと思うと
28歳にしていまだに童貞のガオとしては

無念でなりません。

それ以来
ガオが住む街で撮影されたこのAVを見ないようになったガオでした。
とは言ってもこのAVをしっかりPCに保存してあるんですけどね。
って改めましてガオでした。

ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 アダルトビデオのお話 コメント:0 トラックバック:0 ↑Top Page.

秋葉原でエロ動画CDゲット。

2006年04月02日[21:32:38]
「[女子高生に暴行]記者ら2人逮捕 福岡・集団強姦で」
調べでは、両容疑者は昨年11月、携帯電話の出会い系サイトで知り合った女子高校生をホテルの一室に連れ込み「叫んだら山に埋めるぞ」などと脅迫し、約2時間にわたって性的暴行をした疑い。
っという記事を読んで『出会い系サイトを使った犯罪は絶対反対!!』って思う出会い系サイトで女の子に出会えないガオです。

今日はビデオショップでAV購入。 の続きのお話です。

1年間の浪人生活を経て
何とか大学に合格したガオは東京で1人暮らしを始めました。

っで
大学の入学祝いと称して
親に無理矢理パソコンを買ってもらいました。

ちょうどその当時
パソコンが家庭に普及し始めたばかりころで
ガオの親は

『大学生にパソコンは贅沢だ』

みたいな思いがあったみたいなんだけど
どうしても欲しくて無理矢理お金を出させました。

っで
早速、秋葉原にパソコンを買いに行ったわけなのですが
パソコンについて全く知識がないまま買いに行ってしまったため
店員の話術に翻弄され
よくわからないまま初めてのパソコンを購入しました。

っで
パソコンを購入したモノの
特に使用目的がなかったためゲームばかりやっていました。

っで
ガオはパソコンゲームを買うために秋葉原に行きます。
ガオが通っていた大学もアルバイト先も
どちらも秋葉原に近かったので
1ヶ月に1度くらいのペースで秋葉原に通ってました。

って
あまり頻繁に通っていないように聞こえるかも知れませんが
当時のガオの友達やバイト仲間に比べると
結構頻繁に通っている方だったと思います。

当然ガオはパソコンゲームを扱っているお店を中心に
秋葉原をさまよいました。

そんななか
ガオは秋葉原に行くと必ず寄っていくお店がありました。

7階建てぐらいのビルで
地下1階から7階ぐらいまで全て
パソコンゲームやTVゲームを扱っているお店でした。
現在もこのお店があるのかどうかはわからないのですが
当時はこんなお店があったのです。

っで
ガオはこのお店でたくさんのパソコンゲームを買ったのですが
このお店に来る度に気になっていたことがあるのです。

それはこのお店の地下1階でした。

このお店の地下1階では

アダルト

な商品を扱っているみたいなのです。
っていうか
アダルトな商品を扱っているのです。

そんな地下1階への階段を
男性客が次々に降りていくのを
ガオは何度も目の当たりにしています。

エッチなモノを購入するとき
いつも人目を気にして
エッチなモノになかなか近づくことが出来ないガオにとっては
当然のように人目を気にせず
地下1階への階段を下りていく男性客は

まるで英雄のようです。
尊敬してしまいます。


っが
そう言う男性客は

いかにもアキバ系

って感じの男性ばかりだったので

地下への階段を下りる = アキバ系の仲間入り

って感じがすることも手伝って
ガオは地下1階にいくことが出来ずにいました。

っで
ある日、そのお店に行ったときのことです。
ガオはいつも
このお店の上の階へはエスカレーターで
下の階へは階段を降りて移動していました。

っで
上の階から階段を下りてきて地上1階まで来ました。
そこから地下1階への階段も続いています。

『地下1階へ行ってみたいです』

ガオは階段で地上1階まで降りてくると
いつもそう思っては地下1階への階段を下りられずにいたのですが
この日は違いました。

ガオが階段を下りている間
ずっとガオの前にいた人たちが
そのまま次々に地下1階への階段を下りていくのです。

皆さん当然のように地下1階に降りていくのです。

と言うわけで

なんとガオまで当然のように
地下1階への階段を下りてしまいました。

人の流れに逆らうことなく
周りの人に流されるように
地下1階への階段を下りていってしまいました。

さらにガオの後ろにいた人たちも
ガオにつられて(?)地下1階への階段を下りてきます。

『赤信号、みんなで渡れば恐くない』

の例え通り

『恥ずかしい』とか
『人目が気になる』とか
『アキバ系に仲間入りするのは、なんか嫌だ』とか

そう言うことを一切考えることなく
平常心のまますんなりと地下1階のフロアに到着です。

アダルトな商品を扱っているフロアに到着してしまいました。

ものすごい数のアダルト商品があります。

AVをCD化したモノ
アダルトゲーム
アダルトゲームの攻略本
アダルトゲームのポスター


などなど色々ありました。
そしてそこには

人目を気にすることなく
商品を物色している男性客がわんさかいました。


ごく普通のゲームショップの光景と何ら変わりのない光景でした。
商品がアダルトなモノだと言うこと以外
普通の買い物風景です。

他の男性客があまりに堂々としているため
ガオまでその影響を受けてしまい
アダルトな商品を扱っているフロアにいるというのに

全く恥ずかしくありません。
人目が全く気になりません。


ガオは堂々とエロ動画CDの品定めを始めます。

当時のガオの中では

アダルトゲーム = オタク = 嫌われ者

ってイメージがあったので
アダルトゲームに興味はあったのですが
アダルトゲームに興味がないふりをして
アダルトゲームを見ないようにしていました。

っで
エロ動画CDだけを物色してました。

いろんなジャンルのいろんなエロ動画CDがあって
ガオは全てに興味津々です。

『出来ることなら全部欲しい』

って感じです。

っで
ガオが真っ先に手に取ったのは
当時のガオがお気に入りだったAV嬢

夕樹舞子

が出演しているエロ動画CDでした。
ガオが実家にいたときに愛用していた夕樹舞子出演AVは
大学受験に集中するために
大学受験直前に処分してしまっていたので
ガオにとってはお久しぶりの夕樹舞子です。

また彼女でオナニーしたいです。

っが
ここでちょっとショックなことがありました。

実はこのお店
ガオお気に入りのAV嬢夕樹舞子出演のエロ動画CDが
あんまり扱われていないのです。
夕樹舞子出演のエロ動画CDの種類が少ないのです。
人気が無くなってきているのかも知れません。

ガオは他にも手にとって色々見てました。

巨乳、ナース、痴漢、レイプとか
そう言うのを中心に色々見てました。

っで
結局、この日ガオが買ったエロ動画CDは

夕樹舞子出演モノ
巨乳モノ


の2点だったと思います。
この日以降ガオは
2~3ヶ月に1度くらいの割合で
このお店でエロ動画CDを買うようになりました。

とは言っても直接エロ動画CDを売っている
地下1階のフロアに行く勇気はなく

いつも2階、3階まで行ってから階段を使って降りていき
目の前の人が地下1階に降りていったら自分もついていく


って感じで
地下1階のフロアまで行ってました。

ちなみ目の前の人が地下1階に行ってくれなかったら
エスカレーターで上の階に戻って
再び階段で下りてきたりしてました。

ガオは小心者です。
周りに人がいる状況では道連れがいないと
アダルトな商品があるフロアに行くことが出来ません。


ガオは何度もエスカレーターで上っては
階段で下りるって行為を繰り返したりしてました。

っというような回りくどい感じで
エロ動画CDを手に入れては
1人暮らしのアパートの部屋の中で
オナニー三昧の生活を送っていました。

1人暮らしってオナニーには最高の環境です。

全く人目を気にする必要がありません。
安心して思う存分オナニーできちゃいます。

ってな感じで大学1~2年生の時は
エロ動画CDでオナニーしまくっていたガオでした。

ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 アダルトビデオのお話 コメント:0 トラックバック:0 ↑Top Page.

ビデオショップでAV購入。

2006年03月28日[22:33:16]
「小学校で男子トイレの個室化が進むワケ」
学校でウンコすること。これは下ネタにすこぶる敏感な小学生にとって、かなり重くのしかかってくる問題だ。男子小学生の約4割が「学校ではうんちしない」と答えているそう。そんな男子小学生の意見を汲み取って、男子トイレ全てを個室に変更することを検討しているのだとか。
っという記事を読んで学校のトイレでウンチをしていてドアの隙間から覗かれてからかわれたことがあった事を思い出したガオです。

今日はホテルの有料チャンネルでAV。 の続きのお話です。

高校3年生のとき大学受験に失敗したガオは
1年間の浪人生活を送ることになりました。

1年間、都会にある予備校に通い
再び大学受験に挑むことになります。

浪人生活、最初の数ヶ月は
大学受験失敗直後と言うこともあって
かなり真面目に勉強に励んでました。

っが
夏を迎える頃には
勉強に対する意欲も薄れ
疲れやストレスもたまり
また、夏の開放的な雰囲気も手伝って

全く勉強しなくなってしまいました。

予備校も毎日通ってはいるモノの
最初の1時間ほどしか受講せずに
あとはプラプラと遊び歩くようになってしまったのです。

っが
1人でプラプラしているガオには
特にやることがありません。

当然のようにガオの意識は
『エロ』に向けられていきます。

ある日ガオは
見知らぬ土地を歩いてました。
見知らぬ土地と言っても
ガオが通っていた都会の予備校の近くなのですが
探検気分で散策してました。

途中、怪しい通りに出てしまいます。
夜になると大人の欲望が渦巻く町へと変貌しそうな
そんな通りに出たのです。

まぁ、要するにそこは風俗街だったわけです。

まだ昼間だというのに
お店の入り口には恐いお兄さんが立っていて
道行く男性に声をかけて呼び込みをしています。
そんなお店が何軒もあるんです。

『なんか恐い』

そう思いながらも
ガオはその通りを突き進んでいきます。

『でもまぁ、ガオはまだ高校を卒業して間もないし
 声をかけられることはないだろう』


っとか思いつつも
呼び込みのお兄さん達と目が合わないように下を向いて
早足でスタスタと歩いてました。

ある程度、風俗街を進みました。

案の定、ガオに声をかけてくる呼び込みのお兄さんはいませんでした。
途中でガオと目があった呼び込みのお兄さんもいたのですが
ガオに声をかけてきたりしてきませんでした。

っが
パンチパーマで怖面のお兄さんが
呼び込みをしているお店の前を通ったときのことです。

とうとうガオは声をかけられてしまいました。

「兄ちゃん、暇か?」
「うちで遊んでいかないか?」
「安くしとくよ。2万でどうだ?」
「たったの2万ポッキリだ」


って声をかけられたのです。
パンチパーマで怖面のお兄さんが
ガオに笑顔で声をかけてきたんです。

もうガオは恐くて恐くて・・・。

あの笑顔という仮面の下に
どんな素顔を隠しているのかと想像しただけで・・・。

考えすぎなのかも知れませんが
とにかくもう恐くて恐くて・・・。

ガオはパンチパーマで怖面のお兄さんの声を無視して
振り向くことなく足早にその場を後にしました。

『無視したことにキレないで』
『追いかけてこないで』


そう思いながら一目散に逃げました。

まぁ、実際には何事もなく
逃げ切ることが出来ました。

結局、パンチパーマで怖面のお兄さんが呼び込みをしていたお店が
どんなお店だったのか全くわからないのですが

きっとぼったくりのお店です。

『2万でどうだ?』とか言ってましたが
きっと中に入ったら20万円くらい請求されたに違いありません。

っと
ガオは勝手に思いこんでいます。
まぁ、実際の所はよくわからないのですが・・・。

っで
風俗街を通り抜けたガオはさらに突き進みました。

実はガオにはちょっとした目的があったのです。
実はある場所を目指して歩いていたのです。

ガオは都会にある予備校に通うために
電車を使っていたのですが
ガオの地元は田舎の為
ガオの家の最寄り駅からは1時間に1~2本しか
電車がでていないのです。

なもんで電車に乗り遅れると
ガオはバスに乗って予備校に向っていました。
バスの方が移動に時間もお金もかかるのですが
次の電車を待つよりは早く目的地にたどり着けるんです。

っで
バスの中から外を眺めていたある日。
ガオの地元にもあるビデオショップのチェーン店を
予備校の比較的近くで発見してしまったのです。

その時のことを覚えていたガオは
恐い恐い風俗街を突き進んだのです。
ビデオショップ目指してまっしぐらだったわけです。

っで
ついに見つけました。ビデオショップです。

今までに何度もビデオショップに入ろうとしては
勇気が出ずに断念してきましたが

この日、とうとうビデオショップに入ってしまいました。

狭い店内には所狭しとビデオが陳列されています。
とても窮屈な感じです。

ガオはまず洋画の棚を見ています。
いきなりAVの棚を見に行けません。
小心者のガオはとりあえず洋画を見ているふりをして
棚の隙間から店内を見回しました。

店内には他にお客がおらず
店員のおじさんとガオの2人きりでした。


そして
店内にあるビデオの半分以上が
AVであることも確認しました。


なんかちょっと安心しました。
ガオは安心したんです。


店内のビデオの一部だけがAVだと気が引けてしまい
なかなかそのコーナーに近づけなかったかも知れませんが

ここまでAVが多いと
逆に開き直れてしまいます。

若い男性がこのお店に入って時点で
AV目当てなのがバレバレの雰囲気なのです。
今更、恥ずかしがれるような状況ではないのです。

他のお客もいないことだし
ガオは堂々とAVコーナーへと入っていきました。

そこにはたくさんのAVがありました。
数え切れないくらいのAVです。

『ここにあるどれか一本を購入して帰りたい』

っとガオは思っています。

っが
選べません。多すぎて選べないのです。

せっかく買うのだから
『最エロ』のAVが欲しいのです。

っが
ここにあるAVはどれもエロ過ぎます。
ガオにはどれもエロ過ぎるのです。
以前にコンビニで買ったAVとは比べものになりません。

最初に手に取ったのは

夕樹舞子

が出演しているAVでした。

夕樹舞子は
ガオが以前に深夜番組で初めてAVをみたときに
その深夜番組に出演していたAV嬢です。

その時から夕樹舞子を気に入っていたガオは
彼女出演のAVを買おうと決めていたのです。

っが
当時人気AV嬢だった彼女が出演するAVはたくさんあり
どれにしようか迷います。

それに当時エッチな本で見て気に入っていた

日吉亜依

っが出演するAVも欲しかったし
高校時代の友達が好きだと言っていた

痴漢モノ

も興味があったのです。

っで
さんざん迷ったあげく
ガオはそれぞれ1本ずつ購入することを決めました。

夕樹舞子出演AV
日吉亜依出演AV
痴漢モノAV


の3本を買おうと決めたわけです。

っで
さらに時間をかけてそれぞれ1本を選び出し

3本もAVを購入してしまいました。

たぶんガオは
店内に1時間近くいたのではないでしょうか・・・。
悩みに悩んで決断いたしました。

ガオはその日すぐに家に帰りました。
家族が帰宅する前にAVを見てしまおうと
急いで帰宅したのです。

最初に見たのは
日吉亜依出演AVでした。
えっと、感想は・・・

あまり良いモノではありませんでした。

日吉亜依はエッチな本で見ていたときは
とてもガオ好みのAV嬢にみえていたのですが
実際にAVで見てみるとイマイチでした。
それになんかとても彼女の声が耳障りでした。

っで
次に痴漢モノを見ました。
電車内で痴漢をするモノでしたが
悪くもないし良くもないって感じです。
まあまあでした。

っで
最後のとっておきが
夕樹舞子出演AVです。

これはとても良かったです。
彼女自身も可愛いんだけど
彼女のエッチも可愛いのです。

これにはハマリました。

他の2つは1週間と待たずに処分してしまいましたが
夕樹舞子出演AVは繰り返し見ていました。
このAVは何度見ても抜けました。

夏にこのAVを手に入れたわけですが
受験シーズン間近までこの一本でオナニーしまくりました。

ビデオを見れるチャンスはそれほど多くはなかったのですが
ビデオのパッケージを見てオナニーしたりしてました。

っというわけで浪人生活中
彼女のお陰で快適なオナニーライフをエンジョイできたガオでした。

ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 アダルトビデオのお話 コメント:2 トラックバック:0 ↑Top Page.

ホテルの有料チャンネルでAV。

2006年03月26日[22:46:37]
「叶美香のヘアヌード写真集は当たるか!?」
ギョー界的に言えば「衝撃の写真集」なのだそうだ。あの叶姉妹の妹・美香(38)が、待望のヌード写真集を出版する。関係者によると、これまで彼女は世界の名だたるフォトグラファーからのオファーをすべて断り続けてきたのだとか。それがこのたび、実現の運びとなった。
っという記事を読んで全く購買意欲がそそられないガオです。

今日はAV初ゲットです! の続きのお話です。

高校3年生のガオは、大学受験が間近になっても
勉強よりもむしろオナニーに励んでいました。

勉強をして
休憩代わりにエッチな本を見てオナニーして
勉強して、オナニーして
って感じでした。

結局、AVは前回手に入れた1本のみで
それ以降は特に手に入れようって努力はしませんでした。

AVは手に入れるのが大変だし
手に入れても楽しむためには
家族の目を気にしたりとか
いろいろ気を使うし
エッチな本の方がこっそり楽しみやすいし

なによりも
初めて手に入れたAVがつまらない内容だったので

『AVが欲しい』

って気持ちがさめてしまったわけで・・・。

っで
ガオはエッチな本で楽しむといった
以前の生活に逆戻りしていました。

ちなみに初めて手に入れたAVを見たのは
ゲットした翌日の1回きりで
ゲットしてから1週間後ぐらいに
紙袋に入れてコンビニのゴミ箱に捨てました。

まっ、AVだけではなく
使用済みのエッチな本もいつもこうして処分してました。
紙袋に入れてコンビニのゴミ箱に捨ててました。

っで
いよいよ大学受験前日です。
田舎者のガオは電車と新幹線を乗り継いで
ガオの地元からは遠く離れた大学へ向かいました。

大学受験前日の夜は
大学近くのホテルに泊まって
当日はホテルから大学に向かうことになります。

ちなみに高校3年生の受験シーズンに
ガオは1校しか受験しませんでした。

滑り止めとかそう言うのは一切受験せずに
行きたい大学1校のみ受験することにしたのです。

っで
大学受験前日の夕方に
ガオは予約していたホテルにチェックインしました。

ガオは1人で遠出するのが初めてでした。
ガオは1人で新幹線に乗るのが初めてでした。
ガオは1人でホテルに泊まるのが初めてでした。


ガオは大学受験を明日に控えているというのに
『お出かけ気分全開』です。
とってもワクワクドキドキしています。

ガオが泊まったホテルには
ガオと同年代の若者がいっぱいです。
っていうか
その日のこのホテルの泊まり客は
ほとんどがガオと同じ受験生のようです。

まるで修学旅行中のような光景です。

ガオのワクワクドキドキが止まりません。

部屋にこもっておとなしく
明日に備えて受験勉強

なんてそんな気分になれないのです。
部屋でじっとなんてしていられません。

ガオはホテル周辺を散歩することにしました。

っと言っても結局ガオは
コンビニ巡りをするだけでした。
エッチな本を立ち読みして回っているだけでした。

そんなとき

ガオの地元にもあるビデオショップを
発見してしまったのです。

同じチェーン店のビデオショップです。

ビデオショップを目にしたガオに

『AVが欲しい』

って気持ちが再燃してきました。
とは言っても

大学受験のために遠出してるのにAVを買って帰る

ってのは
さすがのガオも

『それってどうなの?』

って感じがするので
AVを買う気は全くないのですが
どんなAVが売られているのか
気になってしかたがありません。

『ビデオショップを覗いていきたい』
『AVの品定めをしてみたい』


そんな思いが募っていきます。
それにここはガオの地元から遠く離れています。
知り合いなんか全くいません。
ガオを
馬鹿にしたり
からかったりする人なんかいないのです。

っが
ガオはビデオショップの前を通り過ぎていってしまいます。

っで
途中で用もないのにコンビニに入り
すぐにコンビニを出て再びビデオショップに向かいます。

っが
ガオはビデオショップの前を通り過ぎていってしまいます。

その先の角を右に曲がり
さらにその先の角を右に曲がり
さらにその先の角を右に曲がり
さらにその先の角を右に曲がり
再び、ビデオショップに向かいます。

っが
ガオはビデオショップの前を通り過ぎていってしまいます。

小心者のガオはビデオショップに入れません。

別にそのビデオショップはAV専門店なわけではないのに
お店にはいることは
とても恥ずかしいことのように思えてならないのです。

結局ガオはビデオショップに入ることが出来ないまま
ホテルに戻りました。

修学旅行のような
ワクワクドキドキ感は未だに残っているものの
やることが全くないガオは
ホテルの部屋の中を物色してました。

TVの近くにその日のTVの番組表がありました。
ガオの地元から離れているだけあって
知ってる番組が少ないです。

そしてその番組表と一緒に
有料チャンネルの番組表も見つけてしまったのです。

有料チャンネルすなわちAVです。

見たいです。ガオはとっても見たいんです。

っが
有料です。有料チャンネルなのです。

もし見ちゃったら
ホテルの人にガオが大学受験の前夜に
有料チャンネルを見て楽しんだってバレバレです。

なんかそれってとっても恥ずかしいです。

ホテルの人なんてもう2度と会わないんだから
どうでもいいんじゃないか。

って気もするのですが
やっぱり恥ずかしいのです。

っが
ガオはAVが見たくてしかたありません。

家族の目を気にすることなく
AVを楽しめる絶好のチャンスなのです。

有料チャンネルの番組表をよく見ると
短時間だけど無料でお試し視聴できる
っみたいな事が書いてありました。

迷います。ガオは迷っています。

無料のお試し視聴をしようかどうか迷っているんです。

気になっています。ガオは気になっているんです。

ホントに無料で見れるんでしょうか?
それに無料のお試し視聴のつもりで見ていたら
いつの間にか有料に切り替わっていた
なんて事にならないのでしょうか?

それが気になって
有料チャンネルを見るためのボタンが押せません。

っが
やっぱりAVが見たいです。

ガオは思い切って
有料チャンネルを見るためのボタンを

押してしまいました。

するとすぐにTVに裸の女性が写りました。
もうすでにAVが流れ始めています。

!!!

ガオは慌ててTVを消しました。

前置きもなくいきなりAVが流れ始めたため
ビックリして消してしまいました。

っが
初めてゲットしたAVとは違って
とっても楽しめそうなAVでした。
一瞬しか見れなかったのですが
とても内容に期待が持てます。

っていうか
女優の顔もスタイルもとっても良かったんです。
これは是非続きが見たいです。

っが
ガオはすぐに有料チャンネルのお試し視聴を再開しません。

もうすでにお試し視聴でAVを楽しもう
っという気は満々なのですが
ガオは慎重な人間です。

再び、有料チャンネルの番組表を見てみたんです。
特に深い理由はありませんが
番組表を見て今やっているのが
どんな内容のAVなのか確認したかったのです。

するとあることに気付きました。
実は今放映中のAVはもうすぐ終わってしまうのです。
あと10分少々で次のAVが始まります。
っで

『だったらもう少し待って次のを見よう』

そう思ったわけです。

っで
次のAVが始まる時刻になりました。

っが
初めのうちはエッチなシーンがないと思われるので
もう少しガオは待ちます。

っで
30分ほど待って
再び有料チャンネルのスイッチオンです。

ちょうどエッチなシーンの最中でした。
このAVもとっても良いモノでした。

ホテルの部屋にたった1人でいるガオは
AVに釘付けです。
夢中になって楽しんでいます。

っで

『そろそろオナニーしようかな』

って思ったその時です。

ブッ

って音とともに無料視聴が終了してしまいました。
TV画面が真っ暗になったのです。

そして続きを見るためには
リモコンにある「pay」ボタンを押してください。
みたいなメッセージが表示されました。

当然そのボタンを押してしまうと有料になってしまいます。
まだオナニーをしていなかったガオにとっては
非常に押したいボタンではありますが

ここはグッとガマンです。ガオはガマンしました。

チェックアウトの時に有料チャンネルの視聴料を払うのは
恥ずかしいので嫌なのです。

だからAVの続きを見るのはガマンしたのです。

っで
ガオはいきり立ったモノを沈めるために
さっきまで見ていたAVを思い出しながらオナニーしました。

AVを見てめちゃめちゃ興奮していたため
あっという間にイッてしまいました。

しかも精液が勢いよく飛びすぎ
ベッドの端にぶちまけてしまいました。

慌ててトイレからトイレットペーパーをもってきて
拭き取ったのですが黄色いシミがあちこちに出来てしまいました。

『うわっ、こんなの見られたら
 ガオがオナニーしたことバレバレやん』


っと思ったのですがどうしようもないので

『バレる頃にはもうこのホテルにはいないんだし
 別に良いか』


って思うことにしました。

ちなみに翌日の大学受験では
ガオの実力を遺憾なく発揮できましたが
オナニーのしすぎによる(?)勉強不足で
当然のごとく不合格となり
1年間の浪人生活を送ることになったガオでした。

ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 アダルトビデオのお話 コメント:5 トラックバック:0 ↑Top Page.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。