FC2ブログ
プロフィール

ガオ

Author:ガオ
地域:東京
年齢:31歳
身長:176cm
体重:6?g(←多分前半だと思う)
ちん長:14.5cm15cm
     → 15.3cm(MAX時)
女性経験:0人(童貞)

ガオに御用のある方はコメントしていただくかサイト下部のメールフォームよりお願いします。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- ↑Top Page.

自作アダルトグッズ。

2006年04月14日[22:34:51]
「イケメンほどコンドームをつけないって!?」
アメリカの大学の研究で「ルックスに自信のある青年は性感染症予防への意識が低い」と実証された。簡単に言うと、イケメンはコンドームをつけないって話です。「ルックスに自信がある」と答えた男子のほとんどが、「普段よくセックスをする」と答え、コンドームの装着率も悪かったそうです。
っという記事を読んで『コンドームをつけますから普段よくセックスさせてください』って思う童貞ガオです。

今日はコンニャクでオナニー。 の続きのお話です。

中学時代にコンニャクオナニーで失敗したガオは
しばらくの間は普通にオナニーしていました。

っが
高校生になったとき
再び道具を使ったオナニーをしたくなったのです。

やっぱりお手軽なオナニーグッズとして
コンニャクははずせません。

っが
コンニャクだけでは前回の二の舞になってしまいます。

コンニャクのニオイが気になります。
コンニャクの汁が気になります。
おちんちんの挿入感も欲しいです。
オナニー後は精液も含めてお手軽に処理したいです。


っで
まずコンニャクのニオイと汁の問題を解決するべく

レンジでチンしてみました。

『熱を通せばニオイは抑えられるんじゃないか?』
『加熱すれば余分な水分がとぶんじゃないか?』


って思ったからです。
炒めたり、茹でたりするのは
手間暇かかって面倒なので
お手軽にレンジでチンしてみたんです。

っが
結果は最悪でした。

余分な水分がとんでくれることもなく
コンニャクそのもののニオイは少し抑えられた気がするけど
レンジ内がコンニャク臭くなったし
何しろ

熱い!!

熱くてレンジ内から取り出せないのです。
苦労してレンジ内からコンニャクを取り出したあとは
水をかけて熱を冷ましたので
お陰でコンニャクはびちゃびちゃに濡れちゃうし

手間暇かけたけど全く意味無し

って感じでした。

っで
結局コンニャクは簡単に水分を切ったあと
ティッシュにくるんで水分を吸わせるだけにしました。

っで
お次は挿入感を追求してみました。

コンニャクを使うことは決定しているわけですから
コンニャクに挿入することになるのですが
コンニャクに切れ目を入れて挿入するだけでは
前回同様、挿入時に切れ目から裂けて
コンニャクがボロボロになりそうです。

っというわけで
コンニャクはおちんちんを包むように使いたいです。

っが
ただ包むだけでは挿入感がないのです。

っで
コンニャクを何か筒状のモノに詰めて使えば
挿入感がえられると考えたのです。

っで
ガオが用意したのは350ml(?)入りの
乳飲料のカップ(?)でした。

カップという表現が適切かどうかよくわからないのですが
プラスティック製(?)の容器です。

この容器にコンニャクを丸めて詰めて
一応、手作りオナホールの原型が整いました。

これならオナニー後の処理も簡単そうです。

精液は容器内にだしてしまえばいいから
オナニー後はおちんちんだけティッシュでキレイに拭いて
手作りオナホールは丸ごと捨ててしまえばいいのです。

結構完成度が高いかも知れません。

っで
さっそくおちんちんを挿入してみます。

っが
問題がまだ残っていました。

まず第一に
容器の口の部分が邪魔して
根本まで挿入できないのです。

しかたがないので容器の口の部分は
カッターで切り落とすことにしました。

なかなか上手く切れなくて
切り落とした部分が少しギザギザになってしまいましたが
体にあたっても特に痛くないのでOKです。

っで
第二の問題です。
それはコンニャクの汁です。

コンニャクの汁は事前にティッシュに吸わせて
垂れてこないようにしていたつもりだったのですが
しばらくするとポタポタ垂れ始めたのです。

手作りオナホールを使用時は
手作りオナホールの口を下に向けて使うため
コンニャクの汁がおちんちんを伝って垂れてくるのです。

しかたがないので手作りオナホールの口の付近に
ティッシュを詰めて汁が垂れないようにしました。

っが
この応急処置では対応しきれませんでした。
少しの間なら汁が垂れてくるのを防げるのですが
しばらくするとティッシュが汁を吸いきれなくなり
結局、汁が垂れてきてしまいます。

コンニャクの汁はとどまることを知りません。
次々に垂れてくるのです。

しかもこの状態でオナニーすると
ガポガポっと凄い音がするのです。

っで
結局ガオはコンニャクの使用を諦めました。
ガオはコンニャクの汁に負けてしまいました。

っで
コンニャクの代用品としてガオが選んだのは

笹かまぼこでした。

笹かまぼこなら肌触りも悪くはなさそうだし
汁も垂れてこないしニオイも平気だと思ったんです。

それに笹かまぼこならコンビニの店員も
購入理由がオナニー目的だとは思わないでしょう。

っで
コンビニで一袋数枚入りの笹かまぼこを買って
その全てを容器内に入れてみました。

っが
笹かまぼこを全部容器内に入れたのに
容器内がスカスカです。
おちんちんを入れても挿入感がないのです。

しかも笹かまぼこを容器内に固定しているわけではないので
笹かまぼこでおちんちんを包むのが難しいのです。

っで
その後、笹かまぼこをはんぺんに替えてみたり
コンニャクに戻したり、また笹かまぼこを使ったり

っと色々試してみましたが
なかなか満足のいくモノが出来上がらず、結局自作オナニーグッズの使用そのものをやめてしまったガオでした。

ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

童貞 アダルトグッズのお話 コメント:0 トラックバック:0 ↑Top Page.

コンニャクでオナニー。

2006年04月12日[22:37:58]
「ネット恋愛の切り札!? ブログで結婚相手を探せ!」
「結婚ブログ」ってご存じですか?基本的には男性会員がブログを公開し、それに興味を持った女性会員が、直接メールでアプローチをするんだとか。会員の95%をキャリア系の女性が占め、女性が圧倒的に多いんです。
っという記事を読んで『エッチ目的の出会い系にこれだけ女性がいたらいいのに』って思うガオです。

今日はガオが自作したアダルトグッズのお話です。

ガオが初めて自分の手以外でオナニーしたのは
っていうか
道具を使ってオナニーしたのは

ガオが中学生の時

っで
使った道具は

コンニャクでした。

めちゃくちゃ王道ですね。
コンニャクでオナニーだなんて基本中の基本です。

実際に

『コンニャクでオナニーした』

って話はまず聞かないのですが

『コンニャクは
 男性がオナニーで使う道具として一番お手軽なモノ』


ってイメージを皆さんお持ちなんじゃないでしょうか・・・多分。

まぁ、皆さんがどう思っているかどうかはともかく
ガオはそう言うイメージを持っていたので

『コンニャクでオナニーだなんて 
 ・・・アホくさっ』


って思いながらもついつい手を出してしまいました。

コンニャクの調達先は

コンビニでした。

しかも

エッチな本と一緒に買う

っといった

はなれ業をやってのけました。

小心者でいつも人目を気にしているガオですが
たまに凄いことをやってのけます。

コンビニでコンニャクとエッチな本だけを
購入したわけです。


コンニャクの使用目的が
コンビニの店員にバレバレの予感です。

っが
当時のガオはそんなことにおかまいなしに
購入してしまいました。

エッチな本だけを買うときは
ありったけの勇気を振り絞って購入するガオですが
エッチな本と一緒に
あからさまなオナニー目的のコンニャクを買うことで
ある意味開き直っていたのかも知れません。

っで
コンニャクオナニーはその日の夜に実行されました。

場所は浴室、入浴中に実行したわけです。
入浴中と言っても湯船につかってっというわけではなく
もちろん洗い場で使用しました。

ガオはお風呂に入る前にあらかじめ
コンニャクとエッチな写真を
家族にバレないように隠し持っていました。

エッチな写真とはエッチな本から
破りとったモノです。

エッチな本丸々1冊は浴室に持って行けないので
っていうか
濡らしちゃったらもう読めなくなっちゃうので
1ページだけ破りとってお風呂に持ち込みました。

お風呂でコンニャクオナニーをしようと思った理由は
コンニャクの汁で
おちんちんや自分の部屋が汚れそうだと思ったからです。

っで
コンニャクオナニー開始です。

っで
真っ先に思ったのは

『コンニャク、臭っ』

って感じです。

コンニャクってこんなに臭かったっけ?

って思わせるほど臭います。
自分の部屋でやっていたら
このニオイで家族に不信感をもたれていたかも知れません。
危ないところでした。

っで
まずコンニャクでおちんちんを包んで
エッチな写真を見ながらオナニー開始です。

う~ん、なんかイマイチです。
微妙です。


っで

『たしかコンニャクに切れ目を入れて
 そこにおちんちんを挿入すると気持ちいい
 って聞いたことがあるなぁ』


って思って
コンニャクに切れ目を入れて
おちんちんを挿入しようとしました。

っが
おちんちんを挿入しようとすると
コンニャクの切れ目がドンドン広がっていき

あっという間にコンニャクは
ボロボロになってしまいました。

『挿入なんて出来ないんですけど』

って感じです。
結局ガオはボロボロになったコンニャクを
おちんちんに巻き付けてそのままオナニーしました。

特に気持ちの良いオナニーではありませんでした。

おちんちんがコンニャク臭くなっただけって感じです。

っで
オナニー後は
コンニャクもエッチな写真も小さく引きちぎって
すべて排水溝に流し証拠隠滅をはかりました。

ちなみにこのとき
ガオが出した精液が洗い場のタイルにへばりつき
このへばりついた精液を洗い流すのに苦労しました。

っというわけで自作したアダルトグッズについてお話をしないまま今日のお話を書き終えることにしたガオでした。

ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 アダルトグッズのお話 コメント:2 トラックバック:0 ↑Top Page.

初めてのアダルトグッズ。

2006年04月08日[23:27:05]
「世界「KANCHO」ブーム到来か?」
人指し指と中指を突き出した状態で両手を組み、肛門めがけて思いっきり突き上げる、そんなみんなの「カンチョー」が今、海外に羽ばたこうとしているらしい。海外版の「ウィキペディア」にも、なんと「KANCHO」という項目があるのだ。
っという記事を読んで『女子高生にカンチョーしてみたい』って思うガオです。

今日は名古屋で女子高生パンチラ祭り。 の続きのお話です。

大学2年生の時
気まぐれで出かけた名古屋でアダルトショップに立ち寄り
はじめてのアダルトグッズをゲットしました。

初めてゲットしたアダルトグッズは

安物のオナホールと
安物のローションでした。


えっと、オナホールがメインで
オナホールのサポート役としてローションも買っておきました。

ガオはアダルトショップでオナホールを品定めしているときに
オナホールの使用にはローションが必要なことを知り
オナホール付属のローションでは
オナニー1回分しかないように思われたので
追加でローションも買っておきました。

っで
初めてオナホールを使ったオナニーをした時のことです。

まずはマジマジとオナホールを見つめました。

このオナホールは貫通式だったので
筒状になっていてちいさな穴が通っています。

この穴がおちんちんを入れる穴です。

っが
とっても小さい穴です。
小指すら入らないような穴なのです。

試しにグッと小指をつっこんでみましたが
ほんのちょっとしか入りません。
それ以上指をつっこもうとすると
弾力性に富んだオナホールそのものがグニュっと曲がってしまい
小指の進入を拒むのです。

小指ですらこんな状況なのに
ガオのおちんちんは
ちゃんとオナホールに挿入できるのでしょうか?


少し不安になってきます。
いくらガオのおちんちんが粗チンでも
小指には負けてません。

小指が入らないのに
おちんちんは入るのでしょうか?

『安物を買って失敗したんじゃないか?』

って不安になってきます。

穴の入り口に指を引っかけて思いっきり穴を広げてみます。
ガオのおちんちんの太さと同じくらいに
穴が広がるのか試してみたのです。

っで
結果は

意外と広がります。

ガオのおちんちんが入るかどうかは微妙ですが
オナホールが結構伸びることを知りました。

あとはローションを使えば
おちんちんがオナホールの穴に入っちゃうかも知れません。

早速準備開始です。

オナホール付属のローションをオナホールの穴に流し込みました。

どのくらいの量のローションが必要なのかよくわからないので
少しだけ流し込みました。

すると

オナホールのローションを入れた反対側の穴から
ローションがしたたり落ちています。

さすが貫通式のオナホールです。
片方の穴からローションを流し込むと
反対側の穴から流れ出てしまいます。

意味無いじゃん!!

ガオは反対側の穴を指で押さえながら
オナホール内をローションでヌルヌルにしました。

準備完了です。

いよいよ挿入の時です。
おちんちんをオナホールに入れてみようと思います。

オナホールをおちんちんにあてがいます。
そして一気に挿入

するはずが
オナホールにおちんちんが入りません。

オナホール内はローションでヌルヌルです。
準備OKのはずなのにおちんちんが入らないのです。

ガオは力ずくで挿入しようと頑張ります。

っが
全く入りません。

オナホールがグニグニ変形するだけで
おちんちんの先っちょすら入ってはくれません。

その間にオナホールの反対側の穴からは
ローションがトロ~ンっと垂れてます。

おちんちんはオナホールに入らないし
ローションはオナホールから出て行くし

ガオはイライラしてきます。

『もうっ、何でだよっ』

って感じです。
せっかく名古屋にまで行って買ってきた
はじめてのアダルトグッズなのに

全く使えません。

しかも
オナホールから垂れたローションが床を汚してます。
さらに
強引に力業でオナホールにおちんちんを入れようと頑張りすぎたため

オナホールの一部が裂け始めました。

状況は悪化する一方です。

ガオはもうイライラを通り過ぎて
悲しくなってきました。泣きそうです。

ガオの頑張りが裏目に出てしまっています。

買って早々、まだ満足に使えてもいないのに
すでにオナホールは壊れ始めています。

なんか情けないです。
いろんな意味で情けなくてしかたありません。
情けない気持ちでいっぱいなのです。

でも
ガオは頑張っています。
オナホールにおちんちんを入れようと頑張っているんです。

それがまた情けなさに拍車をかけます。

でも
ガオは頑張るんです。
床に垂れ落ちたローションをオナホールにではなく
直接おちんちんの先っちょに塗り塗りして
再び挿入を試みました。

すると

ニュルッ

ってな感じで
ガオのおちんちんがオナホールに

入ったのです!

おちんちんの先っちょだけだったんだけど
たしかにオナホールの穴に入りました。

このときガオはようやく理解しました。
オナホールの使い方を理解したのです。

ガオはオナホールにおちんちんを挿入するため
オナホール内をローションでヌルヌルにしました。

っが
オナホールを使うにはオナホールではなく
おちんちんの方をローションでヌルヌルにする必要があったのです。

そのことに気付いたときには
すでに使用していたローションはほとんど渇いてしまっていたので
ガオは予備のために購入しておいたローションを使って
おちんちんをヌルヌルにしました。

するとオナホールにガオのおちんちんが
すんなりと入っていきました。

ガオは一気にオナホールにおちんちんを根本まで挿入しました。
オナホールの反対側の穴から
おちんちんの先っちょが飛び出しています。

さっきまではおちんちんの先っちょすら
オナホールに入らなかったのに
今は反対側の穴からおちんちんの先っちょがはみ出しています。

もうそれだけでめちゃくちゃ嬉しいです。

ようやくオナホールでオナニーできそうです。
早速オナホールでシコシコの開始です。

っが

ガオの手は止まってしまいます。

ローションを使ったオナニーは初めてです。
オナホールを使ったオナニーは初めてです。


初めてづくしのこの刺激が
ガオには気持ちよすぎなのです。

自分の手でシコシコとオナニーする以外
それ以外の刺激をほとんど知らないガオのおちんちんは

オナホールとローションを使ったこの刺激に
感じすぎてしまうのです。

オナホールを少し動かしただけで
イッちゃいそうなのです。

オナホールにおちんちんを挿入するのに
さんざん時間をかけて苦労しておきながら
挿入できたとたんに

もう発射寸前です。

ちょっとでも亀頭とオナホールがこすれただけで
もうダメっぽいです。

なもんで
オナホールをもうちょっと楽しみたいガオは
オナホールが亀頭にあたらないように
小刻みにオナホールを動かします。

亀頭はオナホールの反対側の穴からはみ出している状態なので
オナホールで竿の部分だけを刺激することにしたわけです。

っと言っても
竿の長さとオナホールの長さがほぼ一緒な為
オナホールはほとんど動いていません。

っが
これでも長くは耐えられそうにありません。

っていうか
もう無理です。

ガオは思い切って
オナホールを大きく動かし
亀頭も含めておちんちん全体を
オナホールで刺激することにしました。


そして
オナホールが亀頭を包み込み
ふたたびオナホールの反対側の穴から亀頭がお目見えした瞬間に

ドピュピュッ

っと発射してしまいました。
ほぼ1こすりでの発射です。
エッチな雑誌などで早漏のことを

『3こすり半』

って言葉で表現しているのを見たことがあるのですが
ガオはその上をいく

1こすりでした。

もしこれがオナホールではなく
女性がお相手の本物のセックスだったら

挿入後、1ピストンで発射

って事になるのだと思います。

童貞ガオは早漏ガオでした。

っで
初めてのオナホールでのオナニーが終わって
ガオの心に残ったモノは

むなしさでした。

たかがオナニーのために
アダルトグッズを買って
使い方がわからず苦労して
あっという間にイッちゃって
あとに残ったのは

発射した精液。
ローションまみれのオナホール。
ローションまみれのおちんちん。


それらを見つめていると

『1人で何やってんだろ・・・』

って感じです。
なんだかガオはとってもむなしくなってしまいました。

っというわけでアダルトグッズを使っての初めてのオナニーは良い思い出を残せないまま幕を閉じたガオでした。

ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 アダルトグッズのお話 コメント:2 トラックバック:0 ↑Top Page.

名古屋で女子高生パンチラ祭り。

2006年04月06日[22:04:37]
「日本一の性器信仰!? ワッショイワッショイ!」
愛知県の田縣神社で行われる「豊年祭」では、神輿が男の子のシンボル、おチンチンなのだ。巨大な木製チンチンをお供えものとして、1年間の豊作をみんなで祈ろうという祭りらしい。
っという記事を読んで『そのお祭りを目にした女子高生の反応が知りたい』って思うガオです。

今日は初めてのアダルトショップ。 の続きのお話です。

大学2年生の時、名古屋に1人で遊びに行ったガオは
アダルトショップに行って買うものを買ったわけです。

っが
お店の外に出る為の扉は
お客では開けられないようになっていました。
扉のわきにあるボタンを押して
店員に扉を開けてもらう必要があるのです。

ガオはとても緊張しています。
ガオはとても心配しています。
ガオはとても萎縮しています。

店員の許可がないと帰れないお店は初めてなのです。

ボタンを押したとき店員はガオがお店から出るのを
許可してくれるでしょうか?

ガオはドキドキしながらボタンを押しました。

ブー♪

ボタンを押すとブザーが鳴りました。

『どうか問題なく帰れますように・・・』

ガオはそう祈りながらボタンを押し続けます。
すると

ガチャン♪

って音とともに扉がゆっくりと開きました。
ガオがお店から出る許可が出たみたいです。

ホッとしました。ものすごくホッとしました。

どうやらガオは無事にこのお店から出られるみたいです。

『帰っても良い』

って許可を店員が出してくれました。

ガオはニコニコしながらアダルトショップをあとにしました。

初めてのアダルトグッズをゲットできたし
お客を監禁するアダルトショップからは無事に脱出できたし
ガオは嬉しくてしかたがありません。

小雨が降るなか
ガオは傘もささずにご機嫌で名古屋駅へ向かいました。

名古屋駅に戻ったのは午後1時くらいでした。
朝から何も食べていなかったのでガオはお腹が空いています。
名古屋駅周辺の飲食店でご飯を食べることにしました。

名古屋駅周辺にはたくさんの飲食店がありましたが
ほとんどが『味噌カツ』がメインのお店でした。
ガオはこの日初めて
『味噌カツ』が名古屋名物の1つだと言うことを知りました。

『だったら味噌カツを食べておかないと』

そう思って色々飲食店を見て回ったのですが
どうもお高いんですよね、値段が。
学生のガオとしては1000円以内ですませたいのですが
1000円以内で味噌カツを出しているお店が見つからないんです。

っで
結局、1500円くらいだして
味噌カツを食べることになりました。
味の方は

全く覚えていません。

まぁ、かなりお腹が空いていたので
おいしくいただいたと思います。

印象に残っているのは店員のおばちゃん。
40~50歳ぐらいのおばさんが数人いたんだけど
皆さんにこやかな笑顔でとても人の良さそうな感じでした。

っで
味噌カツをおいしく頂いたガオは
やることもなく名古屋駅周辺をさまよっていました。

その時、凄い光景を何度も目の当たりにしたのです。

どんな光景だったかというと

女子高生のパンチラ祭りです。

名古屋の女子高生はパンティを隠そうとしないんですよね。

って
この言い方はちょっと語弊があるかも知れませんが
名古屋駅周辺でガオはたくさんの女子高生を見かけたのですが
椅子の上に足を開いて座っていたり
階段を上るときにスカートがヒラヒラしたり・・・。

っで
一番凄かったのが

段数も横幅もある大きな階段の真ん中に
足を開いて座り込んでいる女子高生。


階段を普通に上がっていけば別に意識しなくても
普通に彼女たちのパンティが目に入ってしまいます。

パンティが丸見えなのです。

しかも1人や2人ではないのです。
5~6人の女子高生が階段に座り込んで
会話したり、お菓子食べたり
その全員がパンティ丸見えなのです。

さらに
しばらくするとその女の子達はどこかへ行ってしまうのですが
すぐに他の女子高生達がやってきて

やっぱりみんなパンティ丸見えです。

ガオはしばらくその階段の下をウロウロしていたのですが
次から次へと入れ替わり立ち替わり
女子高生がパンティを見せにきてくれました。

ガオとしてはいつまでもそこにいたかったのですが

『何見てんの!?』

ってな感じでガンを飛ばしてくる女子高生もいたので
騒ぎにならないうちにそそくさと退散しました。

『ガンを飛ばすくらいならパンティ隠せよ』

って感じもするのですが
ここは黙っておとなしく退散しました。

っが
やっぱり気になるので
しばらくしてから再び階段の下にガオは戻ってきました。

階段ではやっぱり女子高生がパンティを見せてくれています。
メンバーも新しく入れ替わっています。

っが
長居は無用です。
不審者扱いされてしまうのは嫌なのです。

ガオは何気なく階段を上り始めました。
ガオは女子高生に近づいていきます。

そして
女子高生とすれ違いざまに
近距離で女子高生のパンティを見せてもらって
そのまま立ち去ろうとか考えています。

ガオのターゲットは2人組です。
2人は雑誌を読んでいます。
1冊の雑誌を2人で覗き込むようにして見ています。

ガオは女子高生に近づいていきました。
女子高生2人はガオの接近に気付いていません。
ガオは2人のパンティを交互に見ながら2人に接近していきます。

すると
2人は同時に笑いをこらえるような仕草をして
雑誌で顔を隠しました。

2人は雑誌で顔を隠したまま
うつむいて何かこそこそ話しているようです。


良くはわかりませんが
とにかく今は2人のパンティを拝む絶好のチャンスです。

2人が雑誌で顔を隠している今が
堂々とパンティを覗ける絶好のチャンスなのです。


そしてガオは
じっくりと2人のパンティを拝ませていただきました。

立ち止まって見るわけにはいかないので
そんなに長い時間ではなかったのですが
じっくり拝見してしまいました。

っで
ガオはそのまま階段を上ります。
ガオは2人の女子高生のわきを通り抜けて
そのままこの場を離れる気でいます。

っで
ガオがこの2人の女子高生のわきに来たときの出来事です。

ガオから見て手前にいた女子高生が
少しだけ顔をガオの方に向けて

横目でチラッとガオを見たんです。

少しニヤニヤしながら確認するように
ガオをチラッと見たんです。

すると再びうつむいて顔を隠し
2人でこそこそ話しながらクスクス笑っています。

『もしかして・・・?』

って感じです。
っていうか

もしかしません。

おそらく、彼女たちはガオに気付いていたのでしょう。
ガオが2人のパンティを見ていることに
彼女たちは気付いていたのでしょう。

それでもあえて彼女たちは
パンティを隠すようなことはしなかったのです。

つまり彼女たちはガオに

パンティを見せていたのです。

しかも
2人はめっちゃ楽しそうでした。
そう、この2人ガオにパンティを見せて

楽しんでいたのです。

少し前に女子高生にガンを飛ばされて1度退散したガオが
今度は違う女子高生に同じ行為をして喜ばれています。

女子高生のパンティを覗いて喜ばれるとは意外でした。

『そんなに喜んでくれるならもっと覗いてあげよう』

って感じです。
っが
何度も覗きに行くとさすがに不審がられるでしょうし
このままその場を立ち去ろう
っとすでに決めていたので
ガオはそのままその場から離れていきました。

ガオは

『もしさっき2人に声をかけていたら
 もっとおいしい体験ができたかも♪』


なんて考えながらも

『2人に声をかける勇気なんてもともと無い』

って自分につっこみを入れその場を離れていきました。

っで
さっきの女子高生2人組に声をかけたらどうなっていたかを頭の中で何度も繰り返しシミュレーションながら名古屋駅から新幹線に乗り東京に帰ったガオでした。

ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 アダルトグッズのお話 コメント:4 トラックバック:0 ↑Top Page.

初めてのアダルトショップ。

2006年04月04日[21:45:27]
「サウジで男性支配に怒った女性の性転換相次ぐ」
中東のサウジアラビアで、女性は車の運転や男性の親類を伴わない公共の場所への外出も許されないといった伝統的な男性優位社会に嫌気をさした女性たちが、「それならいっそのこと」と男性に性転換しようというケースが相次いでいることが、明らかになった。
っという記事を読んで『こういう女性たちはどこまで性転換手術をするのだろう?おちんちんもつけちゃうのでしょうか?』って疑問に思うガオです。

今日はガオが大学2年生だったときのお話です。

当時せっせとアルバイトに勤しんでいたガオは
50万円くらいの貯蓄が出来ました。

普通の大学生なら
このお金で海外旅行とかに行っちゃったりするのでしょう。

っが
ガオはスケールの小さい男です。
海外旅行どころか国内旅行すら考えたこともありません。

っが
どこかにお出かけしたい気分ではあります。

っで
今度の休日にちょっとお出かけしよう
ってことで

休日に名古屋に遊びに行くことにしました。

えっと名古屋を選んだのは

日本の主要都市の1つだから。
東京から日帰りで行けるから。
まだ行ったことがなかったから。


そして最大の理由は

インターネットであるお店を探していて
そのお店が名古屋にあることを知ったから


でした。
っで
あるお店とは

アダルトショップです。

そう、大人のオモチャを販売しているお店です。
って

わざわざ名古屋にまで行かなくても東京で買えば良い。

って思うかも知れませんが

知り合いに遭遇するおそれがある。
東京のアダルトショップの場所を知らない。


なんて理由があったりするわけです。
それにあくまでも

名古屋に遊びに行くついでに
アダルトショップに行ってしまおう。


っと思ったわけで

アダルトショップに行くために
人目を避けて名古屋を選んだ


っというわけではないのです。

っと言いつつも

名古屋に行く目的は
アダルトショップ行くためだったりもするわけです。


っで
ガオは休日に新幹線に乗って名古屋に行きました。
お昼前に名古屋に到着したと思います。

外は小雨が降っていました。
ガオは傘を持っていかなかったため
屋内を中心に名古屋駅周辺を散策です。

名古屋で行きたい場所は
アダルトショップだけだったので
初めのうちは名古屋駅周辺のみ散策してました。

っで
すぐにやることが無くなったガオは
目的のアダルトショップに向かうことにしました。

インターネットで調べたときに
お店までの地図は頭にたたき込んでいたのですが
何しろ初めての土地なので
ちゃんと目的のお店に近づいているのか不安でしかたありません。

っで
おそらくこの近くに目的のお店があるだろう
っと思われるところに到着しました。

っが
そこはまったく人影が無く
民家や小さい工場のような建物がほとんどです。
それに名古屋駅からそれほど離れてはいないはずなのですが
駅が近いだなんて思わせないほど寂れています。

お店らしき建物なんて全く見あたらないのです。

っが
ガオはお店の住所も何となく覚えていました。
この辺りにお店があるはずなのです。

ガオはしばらくその辺りをウロウロしていました。

せっかく高い交通費を払ってまで名古屋に来て
目的も果たせずに帰るのは絶対に嫌なのです。

すると25,6歳と思われる男性と遭遇しました。

お店が見つからずに困ってしまっているガオとしては
このお兄さんに

『アダルトショップはどこですか?』

っと聞きたくてしょうがないのですが
そんな恥ずかしいことガオは聞けません。

『もう、アダルトショップはどこにあるのさ・・・』

ガオは泣きそうです。
すると

さっきのお兄さんが歩いていきます。

アダルトショップがあると思われる辺りに向かって
お兄さんが歩いていくんです。

ガオは何となくこのお兄さんをつけてみました。

『もしかしたらこのお兄さんも
 アダルトショップに行くのかも?』


って思ってこのお兄さんについていくことにしました。

っら
このお兄さん
ガオがちいさな工場だと思っていた建物に入っていきました。

そしてガオは気付きました。
ガオがちいさな工場だと思っていた建物の1階は
ビデオショップになっていたのです。

表には看板も何もないのですが
近くでよく見てみたらどうやらビデオショップのようなのです。

さっきのお兄さんはビデオショップに入っていったみたいです。

このビデオショップは表通り沿いに入り口がないうえに
入り口はわかりにくいところにあるため
このお店の近くをガオは何度も通ってるはずなのに
ビデオショップの存在に気付いてはいませんでした。

っで
相変わらずアダルトショップは見つからないのですが
とりあえずビデオショップに入ってみることにしました。

1人暮らしのガオの部屋にはビデオデッキがないので
ビデオを購入するつもりはないのですが
どんなAVがあるのか見てみたかったのです。

っで
ビデオショップの入り口に近づいたとき
とてもステキなモノを発見しました。

それは
ビデオショップの入り口のわきにある上りの階段でした。
そしてその階段には看板が掲げられていて
その看板にガオが行く予定だった
アダルトショップのお店の名前があったのです。

ついに目的のアダルトショップを発見できました。

表通りからはちいさな工場にしか見えなかった建物の中に
アダルトショップがあったんです。
建物を目の当たりにしても
アダルトショップがあることを感じさせない建物の中に
アダルトショップを発見です。

ガオはアダルトショップへの階段を上り始めました。
その階段からは先ほどのビデオショップの店内が丸見えです。
さっきのお兄さんが
AVのコーナーでビデオを選んでいるのも丸見えでした。

っで
そうやってビデオショップを覗いているガオを
ビデオショップの店員のおじさんが見ていました。
ガオは足早に階段を上りました。

っで
お店の前に到着です。
お店への扉が確か2つありました。
3つだったかも知れません。
良く覚えていないのですが扉はいくつかありました。

1つのお店なのですが
入り口がわけられているのです。


アダルトグッズを扱っている部屋への扉と
コスプレを扱っている部屋への扉があったと思います。
女性用アダルトグッズを扱っている部屋もあったかも知れません。

っで
ガオはアダルトグッズを扱っている部屋に入りました。

扉を開けると警報音のようなモノが鳴りました。

扉が開いている最中は
音が鳴るようになっているみたいです。
扉を閉めると音は止みました。

っで
気付いたことがあります。
このお店の扉
内側にノブがついていないのです。

お店から出たいときは扉近くのボタンを押して
店員に開けてもらわないとお店の外に出られないのです。

なんだか閉じこめられてしまった心境です。
ガオはアダルトショップの店内に監禁されてしまいました。

ガオはちょっと恐くなってきました。
店内には他に誰もいません。
たった1人でアダルトショップの店内に監禁されています。
ただでさえ
初めてのアダルトショップで緊張しているというのに
こんな状況になってしまって
なんだかちょっぴり恐怖を感じます。

お店の中はあまり広くなく
所狭しとアダルトグッズが並べられています。

そしてお店に入って右側の壁にはちいさな小窓があり
どうやらその小窓の向こうに店員がいるみたいです。
商品を買うときは
その小窓から中にいる店員にお金を払うみたいです。

店内からは店員の手元しか見えません。
どんな人が店員なのか全くわからないのです。


っが
店員からは店内が丸見えみたいです。
狭い店内にはいくつも防犯カメラがあります。
きっとあれでガオを監視しているのでしょう。

ますます恐くなってきました。
ガオは監禁されて監視されています。
とっても帰りたい心境です。


そんなとき警報音のような音が鳴りました。

ビックリしました。ガオはとてもビックリしました。

どうやらあの開かずの扉(?)を開けて
他のお客が入ってきたみたいです。

さっきのお兄さんでした。

ちょっと安心です。ガオはちょっと安心しました。
店内にガオ1人ではとても心細かったんだけど
さっきのお兄さんが来てくれたことで
ちょっぴりガオは安心しました。

っで
さっきのお兄さんはと言うと
1階のビデオショップで借りてきたと思われる
ビデオを手に持っています。

どうやら1階はビデオショップではなく
レンタルビデオ店だったみたいです。

っで
お兄さんはオナホールを1つ手に取り
小窓越しに店員に何か話しかけています。

オナホールの支払いをしている感じとはちょっと違う感じです。
何かを要求しているみたいなのです。

すると店員はちいさなカゴをお兄さんに渡しました。
カゴにはさっきまでお兄さんが持っていた
ビデオオナホール
そして
ビデオのリモコンと思われるモノが入っていました。
それらを受け取るとお兄さんは支払いを済ませて
店員のいる小窓とは反対側にある個室に入っていきました。

どうやらこのお店
1階で借りたビデオを見ながら
このお店のオナホールを使って
個室でオナニーが出来ちゃうみたいです。


1階のビデオ店と2階のアダルトショップがつるんで
なんかずるい商売してます。


まぁ、それはともかくガオはまた1人になってしまいました。
さっさと買うもの買ってお店から出たいです。

っで
ガオは
一番安いオナホールと
一番安いローションを買いました。


優柔不断なガオとしては珍しく早い決断でした。
あまり時間をかけることなく商品を選び購入しました。

っで
ようやくお店から出られることになるわけですが

はたして扉近くのボタンを押したら
ちゃんと店員は扉を開けてくれるでしょうか?


ガオはとっても心配です。

『ボタンを押せば
店員はきっと扉を開けてガオを帰してくれるでしょう』


っとは思うものの

『万が一、扉を開けてくれなかったらどうしよう?』

店員に
『このまま素直に帰すと思ってるの?』
なんて言われたらどうしよう?


って不安があるのです。

って所までお話しして続きは次回にしたいって思うガオでした。

ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 アダルトグッズのお話 コメント:3 トラックバック:0 ↑Top Page.

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。