FC2ブログ
プロフィール

ガオ

Author:ガオ
地域:東京
年齢:31歳
身長:176cm
体重:6?g(←多分前半だと思う)
ちん長:14.5cm15cm
     → 15.3cm(MAX時)
女性経験:0人(童貞)

ガオに御用のある方はコメントしていただくかサイト下部のメールフォームよりお願いします。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- ↑Top Page.

もしかして出会えちゃうかも♪

2005年10月31日[23:10:28]
“ハードゲイ”のキャラを売りにするお笑い芸人・レイザーラモンHG(29)に対して「子供の教育によくない」と言う批判の声が上がり始めたと言う記事を読んで『その批判ちょっと遅すぎ』と思う反面、『どうせ一発屋なんだから生暖かい目で見守ってあげても良いんじゃない?』とも思うガオです。

今日は出会い系についてちょっと書きたいと思います。

今、流行(?)の出会い系。
ガオも色々と利用したことがあります。
初めて使ったのは今年の3月頃でしょうか・・・。
その時期、精神的にかなりやられていたガオは

『エッチはなくても良いからそばにいてくれる人が欲しい』

とか思って出会い系に手を出しました。
まっ当然、ガオには出会いなんか全く無く・・・。
そんなわけで4月の終わり頃には出会い系からは足を洗ったつもりでした。

にもかかわらず
実は約1ヶ月ほど前にたまたま見つけた完全無料の出会い系サイトに登録してしまったんです。

まっ登録した理由は・・・

暇つぶし

ですかね。。。
今年の春に出会い系を利用したとき、かなりの数のメールを貰いました。
しかもかなり過激な内容で笑えるメールだったのでまた読んでみたかったわけです。
ちなみに貰ったメールは当然のことながら「サクラ」さんからのメールです。

っで登録したその日からどしどし「サクラ」さんからのメールが来るのを期待していたのですが・・・。
そのサイト、大変優良なサイトなのか利用者が非常に少ないだけなのかわかりませんが

まったくメールが来ませんでした。

予想外の展開です。
出会い系サイトなんて有料、無料問わず「サクラ」さんが横行しているものだと思ってました。

『んな、アホな』っと思わせるようなメールを期待していたのに残念でなりません。

でも、その一方で

『このサイトでメールを貰うことが出来たら本当に出会えるんじゃないか』

と言う期待も抱きました。

そしたらそしたらそしたら

ついに

メールが

来たんです。

今日、出会い系サイトのメールボックスをチェックしたら

「未読メール1件」

の文字が・・・。

メールには

「変わったエッチが好きだと彼氏に言ったら変態扱いされてふられてしまいました」

と言うようなことが書いてありました。
ガオはすぐさま

「変態歓迎!どんなのが好き?」

といった感じのメールを返信しました。
でも、貰ったメールに疑いを持ってるので当たり障りのない内容にしときました。

なぜなら貰ったメールの内容がなんだかちょっぴり

「サクラ」くさい・・・。

だって文章の最後にYahooメールのアドレスが書いてあったんです。
「こっちにお返事をください」って。
なもんで今までの経験から判断すると相手からのお返事メールの内容は

「私の詳しいプロフィールがhttp://XXXXX.comにあるので見てみてください」

というような事になりそうな気がものすごいするんです。
っで指示されたサイトを見ようとすると会員登録を促され
登録しちゃうとそこは

有料の出会い系サイト

って事になりそうな気がする・・・。

ガオはこの手口でいろんな有料出会い系サイトに登録させられた過去があります。
まっ無料ポイントだけ使って退会しちゃいましたが・・・。

今回はどういう事になるのか興味津々です。

「サクラ」さんだと疑いながらも期待に股間を膨らませているガオでした。

ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
[PR]

童貞 出会い系のお話 コメント:4 トラックバック:0 ↑Top Page.

オナニーを学びました

2005年10月29日[21:15:01]
金曜夜の12時前後から放送している「嬢王―じょうおう」は現役の人気AV嬢、蒼井そら(21)がキャバクラ嬢を演じ生乳を披露するなどワクワクするドラマで、サラリーマンのちょっとした楽しみになっているらしいと知って次回の放送を是非見てみたいと思っているガオです。

今日はエッチな本を初めて見てからのその後を書きたいと思います。

あれからガオはちょくちょく部室にあるエッチな本を持ち帰るようになりました。
エッチな本が無くなったと騒ぎになったのは最初の1回だけで
その後はまったく気づかれることなく持ち帰ることが出来ました。

ガオが良く好んで持ち帰っていたのは
女性のヌードが載っている本・・・ではなく

エッチなマンガ

でした。

女性のヌードが載っているエッチの本ってどれも似たような写真ばかりで
初めの頃は大変刺激的だったのですがだんだんと見慣れてしまって・・・。

でもマンガは違います。
写真と違って物語があるしマンガによって物語が異なります。
様々なシチュエーションがあります。
いくら読んでも飽きることがありません。

ガオはエッチなマンガにはまってしまいました♪

そして女性のヌードが載っているエッチな本では理解できなかった
「オナニー」という言葉は
マンガを読むことで理解することが出来ました。

初めて見たエッチな本には

「これが五島めぐのオナニーだ!」

みたいなコメントと一緒に
脚をM字に開いて片手で胸をもう一方で股間を触っている写真が載っていました。
ガオはこれを初めて見たとき、

女性がこういう格好をすることを「オナニー」と言うものだと思ってました。

ですが、
エッチなマンガを読んだとき
女性よりも男性に対して「オナニーする」という言葉が多く使われているのを見て

男女問わず自分の股間に触れることを「オナニー」と言うのかっと思いました。

そしてさらにたくさんのエッチなマンガを読んでいるうちに

「自分自身で性的快感を得る行為」=「オナニー」

と言うことをいつの間にか理解していました。

ガオにとってエッチなマンガはバイブルです。
エッチなことに関する情報を中学2年生までシャットアウトしてきたガオには
学ぶべき(?)情報の宝庫でした。
お陰でガオのエッチな妄想力もこの時期に爆発的に成長し
女性のヌード写真をより楽しんでみられるようになりました。

それにしても初めてエッチな本を見たときのちょうど2倍の年齢になった今でも
初めて見たヌードモデル「五島めぐ」の名前と写真のポーズを覚えていることに自分でもかなりビックリなガオでした。

ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 学生時代のエロエロ体験記 コメント:2 トラックバック:2 ↑Top Page.

エッチな本との初めての出会い

2005年10月27日[23:24:35]
歌手、大塚愛(23)の新曲「プラネタリウム」のサビの部分が「ファイナルファンタジーX」のテーマ曲「素敵だね」(RIKKI)とソックリだと指摘され、盗作疑惑が浮上していると知って「どっちの曲も聴いたこと無いんだけど、大塚愛って可愛いしべつに良いじゃん」とか思ってるガオです。

今日はエッチな本との初めての出会いについて書きたいと思います。

初めての出会いは中学生の頃でした。

当時ガオはバレーボール部に所属していたんですが
ガオが入部した当初からバレーボール部の部室のロッカーの上には
常に「エッチな本」が隠されていました。

ガオ以外の部員はみんなエッチな本に興味津々で
誰かが新しいエッチな本を仕入れてくるとみんなでのぞき込むように見ていました。
確か2~3ヶ月に1度は新しいのが部室に入荷されていたと思います。
練習前の空き時間や練習後だけでなく練習をさぼってまで見ている人たちもいました。
って中学生の男子だったらエッチな本に対してそのくらいの興味を示すのが当然なのかも知れません。って言うか当然だと思います。

でも、ガオは違っていました。

「エッチな本」=「子供が見てはいけない本」

という大人の考えを鵜呑みにし

『絶対に見ちゃダメだ』

って思いこんで友達が無理矢理エッチな本を見せようとしても拒否していました。
当時のガオは大人に言われたことを守ろうとするいわゆる「真面目(?)」な人間でした。
あくまでも表向きは・・・なんですけど。

そんなわけで中学1年の終わり頃にはガオは周りの人間から

「エッチなことに興味を持っちゃいけない純粋な人間」

みたいに扱われるようになっていました。
具体的には
「ガオには見えないようにエッチな本を見る」
「ガオを刺激するようなエッチなことは言わない」
など

純粋なガオを汚さないように守ってくれるようになったのです。

なもんでガオも実際にどうかはともかく
表向きは純粋な人間を演じ続けていました。

でも、ガオも男です。

『エッチな本を見てみたい』

と言う気持ちは常にありました。
でも、ガオは「純粋な人間」です。
みんなと一緒に見るわけにはいきません。
お店に行って買うなんてもっと無理です。
だから1人っきりの時に見るしかありません。
でも、部室に1人っきりでいる事なんてあんまり無いです。
もし運良く1人っきりになれても、
いつ人が来るか分からない状況では安心して見ていられません。

そこでガオが考えついたのは

こっそりエッチな本を持ち帰ること

でした。

ガオは朝練に参加するために毎朝早めに学校に行っていましたが
ガオが中学2年生になった頃には真面目に朝練に参加する人が減ってしまい
たいてい部室に一番乗りするのがガオだったのです。
つまり、朝なら部室にあるエッチな本をこっそり盗み出すチャンスがあったわけです。

その日はいつもより5分ほど早めに家を出ました。
そしていつもより早く自転車をこいで、いつもより10分ほど早く学校に着きました。
他の部員が来るまで15~20分ほどの時間があります。

ガオは早速、ロッカーの上のエッチな本を取り出しました。
2~3冊あったと思います。
長いこと見たくても見られなかった憧れのエッチな本です。
ドキドキしながらパラパラと内容を確認します。
持って帰るのは1冊の予定なので
もっとも興奮できる、もっともエッチな本を選んでいました。
でもあんまりのんびり選んでいると他の部員が来るかも知れません。

ドキドキ、ムラムラ、あせり、緊張でパニック状態です。

でも頑張って1冊選びました。
すぐさまバッグの一番奥に隠し、誰かにバッグの中を覗かれても気づかれないようにしました。

『とうとうやってしまった♪』

まだ学校に来たばかりですが家に帰るのが楽しみでなりません。
授業中も休み時間も自分のバッグの中にエッチな本が入ってると思うと
もぉ~気になって気になって♪

でも放課後「これから部活だ」って時に事件が起きました。
ガオが部室へ向かう途中にバレーボール部員の2人と出会ったときのことです。

部員K「そういえば知ってる?部室のエロ本が1冊無くなったんだよ」
部員N「あ~知ってる。昨日部員Tに買わせたやつでしょ」
部員K「そう、今日見ようと思って楽しみにしてたのに」
部員N「なんか、昼休みにはなくなってたみたいじゃん」

正直ビックリです。
盗んだその日に気づかれるなんて・・・。
しかも昨日買ったばかりでまだみんなが見ていない本だったなんて・・・。
みんなが楽しみにしてたんだからある意味気づかれて当たり前だけど・・・。
エッチな本が無くなったことに気づかれるなんて思ってもいなかったので

もう、心臓がドキドキ状態です。

部員Kとガオの目が合いました。
するとガオの異変に気づいたのか

部員K「あ~、もしかしてガオが盗んだんじゃない?」
ガオ 「!!!」
部員N「あ~、あり得る♪」
ガオ 「ぬっ盗んでないって!」

ガオは動揺しまくりです。

部員K「その態度怪しい♪」
部員N「とうとうガオもそういうことに興味を持つようになったか♪」
ガオ 「だから俺じゃないって!」
部員K「あ~、これはますます怪しい♪」
ガオ 「違うって!」

いま考えればこのとき2人は動揺するガオをからかっていただけだと思うけど
ガオは必死になって否定しました。
当然この態度がさらに裏目に出てしまいます。

部員K「そこまで言うんならバッグの中、見せてみ♪」
ガオ 『!!!!!』
   『まっまずい!どうしよう?』
   『ここで拒否するとますます疑われる、でも見せるとマジでやばい』

ガオは思わず、エッチな本入りのバッグを抱きかかえるように守りながら

ガオ 「なっなんでだよ!やだよ!」
部員N「あ~もう仕方ないなぁ♪今日1日ガオに貸すって事で♪」

もう完全に「ガオがエッチな本を盗んだ」って感じになってきてしまいました。
まぁ、実際に盗んでいるんですが・・・。
でもガオは表向きは「純粋な人間」です。
この状況を受け入れるわけにはいきません。
エッチな本はバッグの一番奥、そう簡単には見つからないはず・・・。
ガオは覚悟を決めました。

ガオ 「分かったよ。バッグの中見せれば良いんでしょ!」

ちょっとやけくそです。すると

部員N「良いって、良いってそこまでしなくて・・・。」

その後2人は笑いながらも話題を変えてくれました。
とりあえずバッグの中を見られずに済んでほっとしました。
まぁ、2人はホントにガオが盗ったと疑っていたかも知れませんが
決定的な証拠は捕まれなかったのでギリギリセーフって感じです。

その日の夜、寝る前に布団を頭からかぶり蛍光灯卓上スタンドを持ち込んで
初めてのエッチな本をゆっくりじっくり堪能しました。

後日、盗んだエッチな本は部室の見つかりにくそうな場所にこっそり隠しておいたガオでした。


ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 学生時代のエロエロ体験記 コメント:0 トラックバック:1 ↑Top Page.

初めての1人エッチ

2005年10月25日[22:36:10]
単独ライブツアー中の歌手・倖田來未(22)がライブでSM風の黒のブラにパンティーというセクシー衣装で男性ダンサーを相手にM字開脚、セックスを連想させるような腰ふりダンスなど、エロ度をさく裂させたという記事を見ていつか彼女のライブに行ってみたいと思うガオです。

えっと、今日はガオの初めての1人エッチについて書きたいと思います。

それは中学1年生の2学期の終わり頃だったと思います。
こたつに入ったままうつぶせに寝転がってマンガを読んでいました。

しばらくマンガを読んでいたら股間がとってもみょ~なかんじに・・・。
じわじわとこみ上げてくる何かがあったんです。

『あっ何これ?!気持ちいいかも・・・』

何が何だか分からなかったのですがどんどん気持良くなっていきます。
マンガなんか読んでいる場合じゃなくなってしまいました。
初めて味わう感覚に夢中になってしまっています。

どんどんどんどん気持ちよくなっていきます。
そして・・・

『あっ・・・・・・・・・♪』

じわじわとこみ上げてきたものがガオを新しい世界へ導いた感じです。
さっきまでとは比べものにならないほどの快感が押し寄せてきました。

『ガオの全てがおちんちんから出ていってるみたい・・・』

ガオのありとあらゆるもの、特に理性的な思考能力がものすごい勢いで放出されている感じです。
あまりの解放感に「ガオ」という人格が失われていく感じがしました。
全身が「おちんちん」になった印象すらありました。

しばらくして快感が収まり我に返ったとき、ふと周りが気になりました。
なぜならガオが入っていたそのこたつにはガオの母、姉、弟もいたからです。
まっさきにガオが確認したのは母でした。
母はガオのことを気にしている様子もなくTVに見入っています。
姉と弟はこたつを挟んでガオとは反対側にいたので
多分ガオの様子には気づいていなかったと思います。
とりあえず一安心ですが、家族のすぐそばで快感に浸っていたかと思うと
なんだかとっても恥ずかしく、その後は何事もなかったかのようにマンガを読んで誤魔化しました。

これがガオが初めてイッたときの体験です。
この日以降、また同じ快感を味わいたくてこのときの状況を再現したりしていたのですが、
どうやればイケるのかが全く分かっていなかったため、
快感を再現することが出来ませんでした。

この当時のガオはエッチに関する知識がほとんど無く
「イク」と言う言葉も知りませんでしたし
この快感を求める行為がエッチなものだという認識もありませんでした。
でも、人に知れたら恥ずかしいという気持ちだけは持っていました。

それからしばらくして・・・う~ん、1ヶ月後ぐらいでしょうか
お風呂に1人で入っているときのことです。
体を洗ったあと、おちんちんをいじりながら考え事をしていました。
とくにエッチなことを考えていた記憶はないです。
たぶん学校のことをなんとなくぼ~っと考えていたと思います。
当時はまだ皮がかぶっていたおちんちんを皮ごしにいじっていました。
時間にして5分くらいだったと思います。

そしたらまたおちんちんが気持ちよくなってきたんです。

『あっこれは♪』

おちんちんをいじればいじるほど気持ちよくなっていきます。
気持ちよくなるためにはどうしたらいいかが分かってきたような気がしました。

おちんちんはどんどんと気持ちよくなっていき
ガオはあっという間にイッてしまいました。
それでもガオはおちんちんいじりをやめません。

『あのときと同じこの快感をもっともっと味わいたい』

そう思っておちんちんをいじり続けます。
絶頂の状態がいつまでも続きました。
もうずっとその世界に浸っていたい気分です。

そんなときです。
脱衣所の扉が「ガラッ」と開きました。
「えっ!!」
ガオは一瞬にして現実に引き戻されてしまいました。
そしてその直後
「いつまで入っているの!!」
という母の声が・・・・・・・・・。
ガオはすぐに文句を言って母を追い返しましたが

『もしかして気づかれたんじゃ・・・』

と心配になってしまいました。
まぁ、風呂場の扉はちゃんと閉まっていたし
脱衣所からは風呂場でガオが何をしていたのか確認できなかったはずですが・・・。
でも全てを母に見透かされているようで恐くなってきてしまいました。

『仕方ない、もう出るか・・・』

そう思ったときのことです。
右手に何かヌルヌルとした白い液体がついていることに気がつきました。
しかもかなりの量です。

『えっ何これ?』

体を洗ったあとだったので「キレイな手」で「キレイなおちんちん」をいじっていたはずなのです。
にもかかわらず、右手は得体の知れない白い液体でまみれていました。
わけが分かりません。
しばらくぼ~っと考え込んでしまいました。
よく見るとその液体が自分のおちんちんから出ていることに気がつきました。

『何でこんなものがおちんちんから・・・?!』

『あれ?!これってまさか・・・』

ガオは友達が良く学校の木の幹などをこすりながら
「濡れてきた、濡れてきた」
「イッちゃう、イッちゃう」
「どぴゅっ、どぴゅっ」
とか言って遊んでいたのを思い出しました。

これを見ていたときのガオは何かエッチなことなんだろうと思いながらも
何をしているのかが全く分かっていませんでした。
かといって友達に聞くのも恥ずかしく分からないままだったのです。
ですが、やっとこの遊びの意味を理解できた気がしました。

友達から得ていた断片的な情報と保健体育で学んだ「性」に関する知識から
いま右手についている白い液体が「精液」であると理解しました。

にもかかわらず、いま自分がしていたことが1人エッチつまり

「オナニー」

であることはこれよりもずっとあとになって理解したガオでした。


ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 学生時代のエロエロ体験記 コメント:2 トラックバック:1 ↑Top Page.

体育館倉庫で女子中学生をオモチャに

2005年10月23日[23:29:08]
人気タレント・山田優の自宅マンションが空き巣に入られた事件があったと言うことを前にも書いたんだけど、この事件で盗まれた貴金属の大半と現金が隣の民家で発見されたわけですが下着類は盗まれてしまったらしく、犯人はストーカーではないかという噂があることを知ったガオです。

今日はガオが高校生の時に友達から聞いたその友達の体験談を書きたいと思います。

友達が中学生だった頃の話です。
ちなみにガオとは違う中学校でした。その学校をS中学校とします。

友達はO君とY君です。
O君はS中学校の生徒会長で性格は真面目な小心者って感じです。
Y君はO君の親友で活発なリーダータイプの人間です。

2人は10数人のグループでいつも遊んでいたらしいんだけど
そのグループで流行っていた遊びがあったそうです。

それは昼休みや放課後に
ある1人の女子生徒を
体育館倉庫に呼び出し
扉を閉めて監禁し
女の子を体育用の運動マットの上に押し倒し
その上にもう一枚の運動マットをかぶせて女の子の動きを封じ
女の子の体を触りまくる


と言ったモノだったそうです。
ちなみにO君は毎回、扉の外の見張り役で
Y君はマットで女の子を押さえつける役だったり
触りまくる方に加わったりしていたそうです。

えっと、正直言ってこの話を2人から聞いたとき
ガオはかなり

引きました。

Y君は
「あのときはかなり無茶してたよなぁ」
なんて明るく話していましたが、そんなに明るく語れるY君をちょっと軽蔑しました。
ちなみにO君はそのグループの1人だったって事でこの遊び(?)には関わっていたんだけど
「もう、こういう事やめようよ。良くないよ」
などと常にY君達に訴えていたそうです。
Y君はO君に対し
「O君はビビリすぎだ」
と笑っていました。

そんな会話をしているとY君が突然、言い訳を始めました。
明らかにこの会話の内容に引いているガオの表情に気づいたようです。

「でも、俺はそんなに触ってないよ」
「その女を毎回騙して呼び出していたけど、
 何されるか分かってるくせに毎回やってくるその女も悪い」
「俺はそんなに無茶なことはしてない」
「泣くくらいなら呼び出されても来なきゃ良いのに」

女の子はいつも声を押し殺すようにして泣いていたそうです。

ガオはさらに引いてしまいました。

するとO君は
「ぜったいあれはやり過ぎだって」
「女の子が泣いてるのにみんなやめないんだもの」
「マジやばかったって・・・あれは」
とか言ってました。

えっと結局この遊び(?)は回数を重ねるごとにグループ内に反対派が増えていき
いつのまにか自然消滅したと言っていました。
っがグループ内の何人かはその遊び(?)をその後も続けていたみたいだった
とも言ってました。
真相のほどは分かりませんが少なくともO君は結構早い段階で
その遊び(?)には参加しなくなったそうです。
Y君は・・・・・・。

身近にいる人間でこういう事をしていた人がいると知ってショックを受けたガオでした。


ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 見たり聞いたエッチな話 コメント:0 トラックバック:0 ↑Top Page.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。