FC2ブログ
プロフィール

ガオ

Author:ガオ
地域:東京
年齢:31歳
身長:176cm
体重:6?g(←多分前半だと思う)
ちん長:14.5cm15cm
     → 15.3cm(MAX時)
女性経験:0人(童貞)

ガオに御用のある方はコメントしていただくかサイト下部のメールフォームよりお願いします。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- ↑Top Page.

風俗初体験。店内での順番待ち編

2005年09月26日[22:27:46]
「自転車だとしんどいと思って車を盗んだ。」という小学校5年男児(10)が補導されたらしいんだけど、今時の小学生って車運転できるんだなぁって感心してしまったガオです。

今日の記事は昨日の続き。
風俗店に入店したところからお話ししたいと思います。

入り口から入るとすぐに階段があり見上げるとスーツ(?)姿の従業員が忙しそうにウロウロしているのが見えます。
予想外の活気に何となく気後れしながら階段を上りきると
「いらっしゃいませ、ご予約ですか?」
と従業員が声をかけてきた。
「いえ、予約してません」
とガオが答えると名刺サイズのカードに「A」と書かれたものを渡され
受付からカーテン1枚隔てた待合室に案内されました。

『狭!!』

これが待合室の第一印象でしょうか・・・。
3畳ぐらいの広さの部屋に10人近くのお客が順番待ちしています。
ガオが待合室に入ると皆さんガオをちらちら見ています。
精神的にも肉体的にもとっても窮屈です。

居心地最悪です。

とにかく落ち着きたかったので座れそうなスペースを探します。
でも、そんなスペースどこにもないです。
仕方ないので少々強引に割り込むようにして壁際に座りました。

でも座るとすぐに
「Aカードでお待ちのお客様!」
って声が受付から聞こえました。
『えっもう順番なの?』
と思いつつも立ち上がり受付へ行くと
「ご予約ですか?」
とまた聞かれた。
「違いますけど・・・。」
ってガオが答えたら
壁に飾ってあった本日出勤の女の子の写真を見せられ
「nojk;kag;a gnkot;i;nog;k;mr;」
っと何か言ってきた。
っが全く聞き取れなかったガオは聞き返す勇気もなく
しばらく女の子の写真を見つめた後、その空気に絶えきれず
「おまかせでお願いします」
といい加減に答えてしまいました。
すると従業員は受付の中にいた人に
「おまかせで~す」
っと告げた後、
「お客様は17時からとなりますので、それまで待合室にてお待ちください」
と言ってまた「A」と書かれたカードを渡されました。
ちなみにその時、時刻は16時になっていませんでした。
『うぉっ、1時間以上も待たされるのか・・・』
なんて不満を感じながらも素直に
「分かりました」
と答え待合室に戻りました。

待合室の中は相変わらず定員オーバーな状態です。
仕方ないので入り口付近の壁にへばりついて他のお客にお尻を向けた状態で立ったまま待つことにしました。
待合室の中には雑誌やマンガがたくさんあったのでその中から
「今日から俺は」というマンガを手に取り立ち読みしていました。
しばらくすると待合室にいたお客さんが次々に呼ばれていきます。
ガオが待合室に入って10分くらいで
待合室の中はガオ1人だけになってしまいました。
えっとその時、時刻は多分ようやく16時になった頃でしょうか・・・。
待合室に時計はなくガオも時計を持っていなかったので正確な時間が分かりませんが、
『あと1時間くらい待つのかぁ』
などと思いながらも待合室でたった1人で待たされていることになんとなく
わくわくしていました。
そして肉体的な、精神的な窮屈からの解放感に浸っていました。
実はこのときガオの感覚としては
『これからエッチなことをするために待っている』
というよりは
『床屋や美容院などで順番待ちをしている』
って感じの気分だったので性的な興奮はあんまりっていうかほとんどありませんでした。

マンガを読み終わるとしばらく待合い室内を見回しました。
壁に紙コップが連なったものがぶら下がっています。
その付近をよく見ると給水器もありました。
本棚にはたくさんのマンガがあります。
「衛生なんたらかんたら」とかいう許可証が額に入って飾られてます。
TVがあります。ビデオ映像を流しているみたいです。「ダブルユー」が唄ってました。
在籍している女の子の写真があります。
お客あての注意書きがあります。
「性器への指入れ、本番行為は禁止」とか書いてあります。
「最近、悪質なお客様が増えています」とか書いてあります。
「禁を犯すと罰金100万円請求します」とか書いてあります。
そんな事するつもりはないのですが、何となく恐いです。
あとおっぱいの形をしたお菓子(?)みたいなものがたくさんありました。
それと監視カメラもありました。

少しすると新しくお客が来ました。
待合室の中の住人が2人になりました。
その人はこのお店の常連客だったのかも知れませんが
なんとなくガオは先輩風を吹かせるがごとく
『おう、新入りか』
みたいな感じで態度が偉そうなっていました。
そのせいか後から来たお客はなんだか縮こまっています。
いやいや、ここは風俗店の待合室なんだからこのお客の態度ほうが自然なのかも知れません。
他のお客の前では縮こまったり恥ずかしがったりするのは普通なんだと思うんです。
『ガオもこのお客と同じ状況ならもっと恥ずかしがるんだろうなぁ』
とか思いながら後から来たお客を観察していました。
って、ガオは自分が風俗店のお客だという自覚がほとんどありません。
なぜかは分からないのですが実感がないんです。

さらにしばらくすると
「Aのカードでお待ちのお客様」
って声が聞こえました。
『あれ?ずいぶん早いなぁ』
って思いながら受付に行くと
「お客様は17時からと聞いていたと思いますが
 立て続けにキャンセルが入りましたので・・・」
と言われ遊ぶための手続き(?)みたいのが始まりました。
時間は35分、女の子の指名は無し、コスチュームはエプロン、オプション無しって事で決定。
料金は12800円って言われたんだけど、もう1人の従業員が
「このお客様は16時前からお待ちなので・・・」
とか言って11800円で遊べることになった。感謝。
昨日の記事にも書いたけどこのお店、16時を境に料金が1000円UPするんです。
料金を支払うと今度は「22」と書かれたカードを渡されました。
その後、お店での注意事項などの説明を受けトイレに行った後
再び、待合室へ戻されました。
ですがすぐにお呼びがかかりとうとうガオの風俗デビューとなりました。
22番のカードを従業員に渡すとトイレの隣にあるドアの前に案内されました。

そしていよいよ・・・。

っと、今日はここまでにします。
ホントは今日で話を完結する予定だったのですが、
予想以上に長い話になってしまったので続きは明日投稿予定です。
明日でこの話が完結するのか心配になってきているガオでした。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!


ブログランキングに協力してもらえると嬉しいです♪
クリックお願いします⇒ FC2 Blog Ranking

童貞 風俗体験記 コメント:2 トラックバック:0 ↑Top Page.

コメント一覧
この記事へのコメント◇
はじめての風俗ってのは緊張しますよね~。
いまではビックリするほどフツーにいっちゃってますけど。
2話完結の時点で感想を書こうかなーと思っていたら、筆のほうがだいぶ進んでいるようですね。
続きが楽しみです。
こまかい感想は終了時に書かせていただきまーす!
2005/09/27(火) 15:26:19 | URL | キャメル #TSDBcl7w[ 編集]
ホントごめんなさい
当初では1話完結のつもりだったんですが、
書けば書くほど書きたいことが増えてしまって・・・。
気づけばものすごい長文に・・・。

全部読むのは大変だと思いますが、読んでもらえると有り難いです。
感想期待してます。
2005/09/27(火) 23:41:12 | URL | ガオ #F22A.tdY[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 
トラックバック
  • スポンサーサイト風俗初体験。店内での順番待ち編のトラックバックURLはこちら
  • http://coolguy.blog24.fc2.com/tb.php/9-d3cd6b7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。